sdn111
img00
img02
previous arrow
next arrow
no

お知らせ

園について

  • 認定こども園とは?
  • 園の特色
  • 保育目標・保育理念
  • 沿革

教育・保育を一体的に行う施設で、いわば幼稚園と保育所の両方の良さを併せ持っている施設です。認定こども園には、地域の実情や保護者のニーズに応じて選択が可能です。認定こども園の認定を受けても幼稚園はその位置づけは失いません。

認定こども園の利用手続きについて

認定区分について

  • 1号認定:教育標準時間認定・満3歳以上 ⇒ 認定こども園、幼稚園
  • 2号認定:保育認定(標準時間・短時間)・満3歳以上 ⇒ 認定こども園、保育所
  • 3号認定:保育認定(標準時間・短時間)・満3歳未満 ⇒ 認定こども園、保育所

利用手続きの流れ
(イメージ)

(1号認定の場合)

子ども主体、選択制の教育

子どもの発達はそれぞれで、全ての子どもに同じ事をする、子どもに「やってあげる」「やらせる」一斉集団画一の教育ではなく、子どもにより多くの選択肢を用意し、幅を持った時間の中で子どもが考えられるよう待つ事で、子どもが自発的、意欲的に関われる環境を設定し、子どもの主体的な活動を大切にした教育をしています。子どもは主体的に関わる活動の中で、より集中してその活動を行い、自ら深めていく事ができます。

異年齢の関わり・人間関係の円滑化

それぞれの部屋毎、また部屋の垣根を越えた異年齢の子ども同士の関わりを大切にしています。
子ども同士の関わりで、見て、真似して、教わって、教えて、一緒にやって、ぶつかって、自分の主張をして、相手の主張をきいて…多様な人との関わりの経験から、社会性や協調性を身につけていきます。 よい人間関係は、まず自分を認め、そこから他者を認めることで築かれます。職員は改めて子ども達に愛情を持って接し、自分は大切な存在なのだという事を伝えていき、「皆違って皆良い」といった他者への許容の心を伝えていっております。
その後に園の教育方針「感謝の心」や「人を思いやり仲よく助け合う心」の基礎が培われていきます。 そういった子ども同士の人間関係以外にも、対保護者、対職員、または保護者と職員、保護者間、職員間等、園に関わる全ての人の人間関係円滑化に取り組んでいます。

自然体験・体力づくり

ひなどり幼稚園のまわりには多くの公園があり、近くに自然が豊富にあります。園では主に午前中の晴れた日には、積極的に外に散歩に行きます。
また園内では、健康、感覚の刺激、リラックス効果等から裸足を推奨しています。園庭でも無理なく裸足になり、泥んこ遊びを行っております。他、ルールのあるスポーツを体験し、「決まりを守る」ことや「仲良く助け合う心」、「健康な心身」を築くため、また、浦和という昔ながらサッカーが盛んな土地柄を活かし、サッカー教室も取り入れています。

園の理念では「一人ひとりの子に最善を尽くす」という事、方針では「5つの心を中心に、調和の取れた教育を行う」という事、目標ではその方針を受けて「子どもの調和の取れた発達を促す」という事が書いてあります。

職員をはじめ、子どもたちには約束として「悪いことはしないで、よいことを行い、自分から心をきれいにしましょう 1.ありがとうの気持ちを持ちます 2.決まりをよく守ります 3.仲よく助け合います」という事を伝えています。

そして、その下にあるのが、子どもたちの園での日々の生活、活動や全ての行事です。理念、方針、目標、日々の生活や活動の順に上にいくにつれて重要視され、下にいくにつれて具体化されていっています。

子どもたちは日々の何気ない生活や活動や行事の中で、職員や友達や様々な人とかかわり様々な体験をしながら、複合的に総合的に成長していきます。子どもたちは保護者の方、職員から愛されていることを心の拠り所として、褒められて充実感を味わったり、認められたり、物事をやり遂げ達成感を味わったり、手伝いを頼まれ有用感を得たり、または、良いことばかりではなく、我慢したり、小さな怪我や痛い経験をしたり、友達との関係等で悲しい思いをすることも、重要な体験です。園では、この「経験」をとても重要視しています。保護者の方は、お子様が怪我をされたり、悲しい思いをすると本当にショックで心配になると思います。しかし、子どもにとっては一つ一つが本当に重要な体験だと考えております。

子どもに「やってあげる」「やらせる」一斉集団画一の保育ではなく、子どもにより多くの選択肢を用意し、幅を持った時間の中で子どもが考えられるよう待つ事で、子どもが自発的、意欲的に関われる環境を設定し、子どもの主体的な活動を大切にした教育をしています。

その中で職員は、それぞれの子どもの気持ちを理解し、発達段階を捉え、できるだけ子ども同士を繋げ、見守り、援助が必要な時は手を差し伸べていきます。子どもは主体的に関わる活動の中で、より集中してその活動を行う事ができ、子ども自らが深めていきます。 また、異年齢の子ども同士の関わりで、多様な人との関わりの経験を重ね、社会性や協調性を身につけていきます。

ひなどり幼稚園の全ての職員は、幼児期は人生の基礎や土台を培っている人生でも一番重要な時期と考え、理念、方針、目標に沿って、真摯に「子ども一人ひとりの最善のため」に努めて参ります。そして、園の方針には「調和の取れた教育」とあり、目標には「子どもの調和の取れた発達を促す」とあります。この「調和」は「バランス」ですが、バランスを取るために、教育について、全ての職員がそれぞれの考えを出し、職員集団で話し合って方向付けをしていきます。そうする事で、その子の発達を多角的に捉え、その子にとってより良質な対応ができると思っております。

職員は環境を設定し、子どもたち一人ひとりに働き掛け、言葉を掛けて、子どもたちの気持ちを受け止めたり、子どもたち自身が気持ちの整理がつくよう導いたり、子どもたち自身が考えられるよう促したり、子ども同士での育ち合いを見守ったりしながら、一人ひとりの子どもに合った援助をしていくよう努めていきます。

昭和13年 6月土合村医王寺保育所開設
昭和19年 8月乳幼児の愛護育成寄与をもって皇后陛下より御内幣金を下賜される
昭和29年 4月社会福祉法人浦和ひなどり保育園設立認可
昭和37年 10月社会福祉法人与野ひなどり保育園設立認可
昭和38年 4月保育園事業御奨励思招召をもって天皇陛下より御下賜金拝受
昭和43年 4月 乳児は保育園、幼児は幼稚園といわゆる幼保一元化を目標としてひなどり幼稚園を設立認可
昭和47年 11月丸山前理事長は、社会福祉功労として勲五等双光旭日章を受賞
昭和58年 3月学校法人上宮学園設立認可.園舎新設
平成10年 10月幼稚園設立30周年を記念しホール新築
平成18年 4月社会福祉法人ひなどり保育園 菁莪(せいが)保育園設立認可
令和2年 4月施設菁莪保育園が社会福祉法人ひなどり保育園より学校法人上宮学園に異動
令和3年 6月ひなどり幼稚園舎建て替え工事
令和4年 4月ひなどり幼稚園が認定こども園に移行予定

園の生活

  • 0~2歳児(3号認定)
  • 3~5歳児(1号・新2号認定)
  • 3~5歳児(2号認定)
  • 年間行事

7:00~9:00

  • 順次当園
  • 身支度・荷物の確認
  • 視診
  • 自由遊び

9:00~

  • 朝おやつ

9:30~

  • クラス活動
  • 自由遊び

11:30~

  • 給食(週5日自園調理)

12:30~

  • 午睡

15:00~

  • 目覚め
  • 体温測定
  • おやつ

15:30~18:30

  • 自由遊び
  • 順次降園

18:30~19:30

  • 延長保育

9:00~

  • 順次当園
  • 身支度・荷物の確認
  • 視診
  • 自由遊び

9:45~

  • 朝の集い

10:00~

  • クラス活動
  • 正課活動・園外への外出
  • 制作・リトミックなど
  • 異年齢(縦割り)と年齢別のハイブリッド

11:30~

  • 給食(週5日自園調理)

12:30~

  • 自由遊び

13:30~

  • 降園準備
  • 帰りの集い

14:00~

  • 降園

14:00~15:00

  • 課外教室(任意参加・4,5歳児対象)
  • 月曜日:アトリエ教室
  • 水曜日:スポーツ教室
  • 木曜日:英語教室

14:00~17:00

  • 預かり保育
  • (15:00~おやつ)

7:30~

  • 順次当園
  • 身支度・荷物の確認
  • 視診
  • 自由遊び

9:45~

  • 朝の集い

10:00~

  • クラス活動
  • 正課活動・園外への外出
  • 制作・リトミックなど
  • 異年齢(縦割り)と年齢別のハイブリッド

11:30~

  • 給食(週5日自園調理)

12:30~

  • 自由遊び

13:00~

  • 午睡(3,4歳児任意)

14:00~15:00

  • 課外教室(任意参加・4,5歳児対象)
  • 月曜日:アトリエ教室
  • 水曜日:スポーツ教室
  • 木曜日:英語教室

15:00~

  • おやつ

15:30~18:30

  • 自由遊び
  • 順次降園

18:30~19:30

  • 延長保育

4月

  • 入園式 ・始業式

5月

  • 花まつり
  • 歯科・内科検診

6月

  • 青葉まつり
  • 歯科衛生指導

7月

  • 七夕まつり
  • 終業式
  • 夏祭り
  • 盆踊り

8月

  • 夏休み
  • 年長川遊び

9月

  • 始業式
  • 彼岸会

10月

  • 運動会
  • 芋ほり

11月

  • 次年度入園願書受付
  • 親子で遊ぼう会

12月

  • おゆうぎ会
  • 成道会
  • 餅つき
  • クリスマス会
  • 終業式

1月

  • 始業式
  • 鏡開き

2月

  • 節分集会
  • 作品展
  • ねはん会

3月

  • ひなまつり集会
  • 年長お別れ遠足
  • 剣道披露参観
  • 卒園式
  • 修了式

入園案内

認定こども園ひなどり幼稚園では、幼稚園児(1号・新2号認定児、満3,3~5歳児)、保育園児(2号・3号認定児、0~5歳児)の入園を受付しております。
入園をご検討される方向けに、未就園2歳児クラス(詳細下記プレスクール参照)、子育て支援ROOMの開設も行っております。また随時見学の予約も承っています。
是非、園までお越しいただき、お子様と保護者の方で一緒に園の雰囲気をお感じになっていただきたいと思います。

認定区分に応じて、募集人員や入園の手続きの仕方等が異なります。区分をご確認の上、当てはまる項目をご確認ください。

2023年度の入園案内

  • 1号・新2号認定
  • 2号認定
  • 3号認定
保育時間原則として1日4時間、年間の保育日数39週以上
募集人員・満3歳児:8名 令和2年4月2日~令和3年4月1日生
 *満3歳の誕生日の翌日から入園可能です。
・3歳児:24名 平成31年4月2日~令和2年4月1日生
・4歳児:若干名 平成30年4月2日~平成31年4月1日生
・5歳児:若干名 平成29年4月2日~平成30年4月1日生
入園手続き2022年11月1日 入園願書受付 以後随時募集・受付
※1号・新2号認定児(幼稚園児)をご希望の場合は、幼稚園への直接申込を行なっていただきます。入園の選考は幼稚園が行います。
入園時にかかる費用入園時購入品・納入金:60,000円程度
その他費用については詳細をご参照ください。
より詳細をご覧になりたい方へ
保育時間7:30~18:30(延長保育19:30)までの開園時間内で、保育を必要とする時間
募集人員
・5歳児:1名 平成29年4月2日~平成30年4月1日生
入園申込みさいたま市 電子申請・届出サービスより手続き
2023年2月21日(火) 17:00まで
桜区役所の支援課に申込を行なっていただきます。入園は市が利用調整を実施し、保育の必要性が高い方から順に入園措置となります。
入園時にかかる費用入園時購入品・納入金:60,000円程度
その他費用については詳細をご参照ください。
より詳細をご覧になりたい方へ
保育時間7:30~18:30(延長保育19:30)までの開園時間内で、保育を必要とする時間
募集人員・0歳児:6名 令和4年4月2日~令和5年4月1日生
・1歳児:1名 令和3年4月2日~令和4年4月1日生
入園申込みさいたま市 電子申請・届出サービスより手続き
2023年2月21日(火) 17:00まで
桜区役所の支援課に申込を行なっていただきます。入園は市が利用調整を実施し、保育の必要性が高い方から順に入園措置となります。
入園時にかかる費用入園時購入品・納入金:20,000円程度
その他費用については詳細をご参照ください。
より詳細をご覧になりたい方へ

プレスクール

令和5年度 未就園2歳児クラス ひばり組 <2次募集>

2歳児のお子様を対象に、プレスクールを開設しています。お子様にとって初めての集団生活を体験すること、また保護者の方と離れる時間を持つことの経験などを通して、3歳児からの幼稚園生活に少しずつ慣れていきます。
1.主旨生活に必要な基本的生活習慣を身につける大切な時期を、保育教諭と一緒に過ごす。
2.対象2 歳児(令和2年4月2日~令和3年4月1日生まれ)
令和 6(2024)年度 ひなどり幼稚園入園予定のお子様
3.保育時間月3回 9:00~12:30 火曜コース・木曜コースのいずれかご希望をお伺いします。
※5月より保育開始です。5月中は、園生活に慣れる為、9:00~11:00の保育時間になります。
4.募集人数各曜日 12名程度
5.保育料月額7,500円(給食費込み)
6.その他費用保険料・帽子・名札代 約2000円
7.申込方法下記フォームからお申込ください。
からお申し込みください。(URL準備中です)
8.申込受付期間第1期12月1日(木)~12月23日(金)
第2期2月1日(水)~2月24日(金)

子育て支援

子育て支援ルームのお便り

予約フォーム

概要

名称学校法人 上宮学園 ひなどり幼稚園
所在地338-0832 埼玉県さいたま市桜区西堀2-6-18
TEL048-861-4708
FAX048-764-8322

情報公開


各種書類ダウンロード

TOP